自動ストローク調整機

商品カテゴリー: ,

説明

自動ストローク調整機は当社が1990年から設計し、改良し続けてきた製品です。

この装置は2018年からカスタマイズで、組立済みのバルブを同じ深さへ締め込みます。(小数点以下4桁、各バルブの締込み深さは±0.0002インチを超えてはいけない。)

この装置の難関は精度のハードルが極めて高い、締込み時に僅かな振動があっただけでも作業結果に影響をもたらします。オートランドは精度を前提とし、一定の生産速度に達することを目標にしました。設計上、まず頑丈な材料と構造で設計して、余計な振動を排除し振動発生をできるだけ低減させます。尚、ハイスペックなメーターで精度を達成し、ロボットアームと両機構同時作業のモードで効率よく作業します。

関連機械:

自動ソレノイド組立機、自動円型電磁弁前工程組立機、自動円型電磁弁後工程組立機、自動接着剤ディスペンサー、自動ストローク調整機

応用範囲:医療機器、産業機械、電子製品